FC2ブログ

出会いを求める旅

出会い系サイトを完全攻略すべく、出会いを求めて彷徨う日々のブログです。
2020/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
初めて、スパム以外のコメントいただきました。
不倫エログを希望頂きましたので、リミッター解除します・・・・

まだ、キスまでしか書いていないこのブログがとあるサービスからアダルト判定されてしまいました。
もう超えるしかありません。

間があきましたが、一番希望が多いさとみとの前回の続きです。


結婚してから、数名の女性とメールしたり食事したりをしてきた私ですが、
不倫ではキスまでしかまだ経験がありませんでした。

やはり一線を越えるには、覚悟が必要でした。
この時私には、子供が2人いましたし、妻のおなかには3人目もいました。
ありがちな表現ですが、やはり私にも子供の顔がよぎりました。

でも、バスタオルを巻いただけのさとみをみたら、
そういうことなんだ・・・・
もうここまできてる・・・・
本当の不倫ってこういうことだよな・・・・
もうここで我慢できるわけがない・・・
という思いになりました。

さとみは、シャワーを浴びたし服を着ずにでてきたのですから、抱かれる覚悟のはずです。
私が引く理由はないです。

さとみはベッドにすわりました。

わたしはゆっくりとさとみに近づき、横に座りました。

そして、荒々しく濃厚なキスをしました。

さとみは、
「う~ん・・・・あっ・・・」
という声を漏らしました。

キスが好きでキスに弱いさとみはキスで感じるのです。

「シャワーしてくるね。」
「やだ・・・いかないで・・・

さとみはスイッチが入ってしまったようです。

そんなさとみがとても可愛く感じて、再度キスをしました。

胸を愛撫するとバスタオルがはだけ、
とうとう通常は見られない女性の部分が見え始めます。

直接胸に触れると、
さとみはさらに声が大きくなりました。

後ろに倒れ、秘部に手をやるとあふれんばかりの蜜です。



ご希望の女性を選んでください
どの女性との不倫歴を読みたいですか?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


美容整形
ブログパーツ